フォルシア・ジャパン、各協会とのネットワークを強化

2018年にフォルシア・ジャパンは、LEMA(日本陸用内燃機関協会)、FCDIC(燃料電池開発情報センター)およびJSAE(自動車技術会)の3つの協会への加盟を決定しました。

LEMAは、今から70年前に、日本における内燃機関の取引、流通および技術の発展のために設立されました。LEMAには、47社の正会員と11社の賛助会員が所属しています。フォルシア・ジャパンは賛助会員として、エンジニアリングおよびビジネス関連のコンテンツの利用や、協会の生産統計、技術委員会報告書、および季刊誌の閲覧をすることができます。

FCDIC19867月に設立された協会で、燃料電池の市場への導入と普及とを目的として、燃料電池の研究、開発、展開に関する情報交換を行っています。フォルシア・ジャパンは今後、FCDICの四半期および年次報告を通じて、燃料電池業界に関する多くの報告を受け取る予定です。この協会の会員になることは、120以上の組織からなる日本の燃料電池ネットワークにアクセスする機会でもあります。

JSAEは、日本を代表する自動車工学の協会です。フォルシア・ジャパンはJSAEに加盟することで、協会の会誌や技術論文の閲覧、展示会や年次会議への出席が可能になります。またJSAEは、フォルシア・ジャパンが今年初めてスポンサーとして参加した学生フォーミュラ日本大会の主催者でもあります。

フォルシア・ジャパンはこれらの協会に加盟したことで、ネットワークを拡大し、最新技術に触れるとともに、日本の市場で一層その名を知られるようになるでしょう。

LEMAのウェブサイト:http://www.lema.or.jp/

FCDICのウェブサイト:https://www.fcdic.com/

JSAEのウェブサイト: https://www.jsae.or.jp/