クラリオンセールスアンドマーケティング、関西物流展に 接触事故の未然防止をサポートする安心安全製品システムを出展

コックピット・オブ・ザ・フューチャー
Faurecia Clarion Electronics, Clarion Sales and Marketing

クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社(代表取締役社長:小木曽克明、本社:埼玉県さいたま市、以下CSM)は、本日から開催の「第3回関西物流展」(会期:6月22日から6月24日、会場:インテックス大阪)において、当社製品システムを出展します(6号館A-B、小間No.: B6-71)。今回、中西商会株式会社のブース内に共同出展者として参加します。本展は、物流業界の「生産性向上」、「環境改善」にスポットを当て、課題解決、更なる発展に向けたきっかけとなる場を創ることを目的に、物流に関するあらゆる製品・技術・サービスが一堂に集結する総合展示会です。CSMは、最大8個の超音波センサーで接触事故の未然防止をサポートするバックアイ+ソナーシステムを出展します。当製品システムはブース展示の他、トラックへの実装展示も行います。

 

主な出展製品:バックアイ+ソナーシステム

特長

  • 前方・後方の障害物を最大8個の超音波センサーで検知し、接触事故の未然防止をサポート。
  • センサーが障害物を感知すると、音で警告すると同時に車載モニターに距離を表示しドライバーへ危険をお知らせします。
  • 車両、用途に合わせて2~8センサーまで設置可能。

主な構成製品:ECU、トラック用センサー、7型LCDモニター「CJ-7600A」、リアカメラ「CC-6600B」

 

クラリオンセールスアンドマーケティング、関西物流展に 接触事故の未然防止をサポートする安心安全製品システムを出展

同じトピックのニュース

Category
コックピット・オブ・ザ・フューチャー
Category
コックピット・オブ・ザ・フューチャー
Category
コックピット・オブ・ザ・フューチャー